化粧品は皮膚の中に入るのか? 【表参道美容室ラフォルマ 髪質改善サロン】

Laforma

03-3400-8817

〒107-0062 東京都港区南青山6-6-20 ムーラ青山1A

営業時間/11:00〜18:30
定休日/火曜日 不定休日あり

化粧品は皮膚の中に入るのか? 【表参道美容室ラフォルマ 髪質改善サロン】

ツヤ髪改善ブログ

2019/08/17 化粧品は皮膚の中に入るのか? 【表参道美容室ラフォルマ 髪質改善サロン】

 

今回は皮膚についてお話します!頭皮も顔も体も皮膚でつながっておりますので!

 

皮膚とは表皮、真皮、皮下組織と大きく三層に別れています。

皮膚の役割は外部刺激から体の中を守ることです!

そう!

吸収することは皮膚の目的ではありません。

 

あーやんさんによるイラスト

 

 

なので基礎化粧品などは入れないことが皮膚の役目です。

しかし、それだと基礎化粧品の意味がなくなりますので、入れる工夫が必要になります。

(分子量500くらいまでは入るそうです。【分子量例】ヒアルロン酸100万程、コラーゲン30万程)

分子量500に100万のヒアルロン酸とはどういうことかといいますと、

イメージは2mmの隙間の網戸に、直径1メートルの大玉を通そうとしているような感じです。

 

じゃあ小さくして入れればいいんじゃないか?となりそうですが、タンパク質を分解するとペプチドになり、更に分解するとアミノ酸になりますので、性質が変わります。(この辺を考えるとまた別の話になるので省きます)

 

 

そこで必要になるのが浸透剤です。浸透剤というと聞こえがいいですが、

皮膚を溶かす、削るなどして薬剤が入りやすくする物をいいます。界面活性剤と言われるものです。

(界面活性剤は悪い成分ではありません。使い方とどんな界面活性剤か次第です。)

 

皮膚表面を壊して、成分を浸透させやすくして、皮膚の中に入れていく。

というのが今の化粧品系の使い方かと思います。

 

必要なものだけ入れることができたらいいのですが、そうはいきません。化粧品のなかの成分は

もれなく入っていきます。なので皮膚に入らない方がいい、防腐剤なども入っていきます。

 

 

化粧品を選ぶときは余分な成分が入っていない、シンプルなもので、合成界面活性剤の配合量が

少ないものを選ぶと、肌本来の機能が失われずにすみます。

 

 

化粧品で魅力を感じやすい特化商品は、美白、しわ取り、オーガニック、無添加とかかなと思います。

 

美白に関しては、肌を白くしていくか、できたシミのメラニン色素を消していく必要があります。

なので漂白作用のある成分、メラニン色素を破壊する成分が必要になります。

この美白用の成分が何でできているかが大事になります。

 

 

しわ取りは、皮膚の中で水分を使って皮膚を膨らまし、出ていかないように蓋をすると出来ると思います。

もしくは、しわを引っ張って伸ばし、そのまま固める。

皮膚の膨潤成分と、表面コート剤が必要だと思います。

これらが何で作られているか。

 

 

オーガニックに関しては、ほぼ気にしなくていいのでは?と思っています。

最初に言いました吸収が目的ではないので、植物エキス系をオーガニックのいいものにするなら、

他のところに予算を回した方がいいのでは?と個人的には思います。

(植物エキスの防腐剤もあるのでオーガニック植物で化粧品を作ることは可能です。かなり高価になるのでは?と思います)

 

 

無添加に関しては、通常の化粧品ではありえません。水や色んな有機物質が入っているのに

腐らないとなると、そもそもの溶剤が水とかではない可能性があります。ポリマーとか?

(化粧品は未開封で三年以上性質が変わってはいけないという法律があります。)

 

注(あくまで個人的見解です。しかし本などで調べたり、実際自分でも色々試行錯誤してきた見解ですので、的は外れていないと思います)

このような作りの化粧品はあるので紹介しております。

 

 

 

これは今使っている化粧品が悪いと言っているわけではありません。自分も色んな事を考えて、実験してきて

最近わかってきたことです。

 

メーカーさんたちとも付き合いがあり、商品開発の思いなどを聞いていると、~~で困っている人の問題を

解決してあげたい。という思いで作られているものが多いです。

 

 

だから、どんな製品なのか見る力が必要になってくると思います。使われている成分や配合量から

だいたいこんな感じの製品特徴かな?と考え、使い続けるとどうなるか?も考えて、

良さそうなら、実際自分である程度使い続ける必要があると思います。それから販売ですね!(自分の場合)

 

 

皮膚へのダメージと、使われている成分によるお悩み改善力(しわ、しみ、たるみ等々)

のバランスを見ながら自分にとって必要なものをチョイスしていくことが必要です。

 

 

健康美と造形美は繋がらない場合もある。

と考えて、そのバランスをとっていくことが大切です。

 

 

結論は?となりますが、自分は自由が丘クリニックの製品は使ってますし、顔も石鹸でも洗っております!

今回の記事を書くにあたって、もっと実験もしないといけないなとも思いましたので、色々検証していきます!

今はゼノア化粧品というものに注目しております!

 

 

今回の内容は化粧品を選ぶにあたって、宣伝を信じすぎずに、化粧品の効果の理由を

自分でもわかるようになって欲しいと思い書いております。

 

 

これは皮膚の話なので髪の毛はまた別の見解になります!

 

また次回髪の毛のことは書きます。

 

 

 

■■□―――――――――――――――――――□■■
Laforma【ラフォルマ】ではお客様の髪質にこだわった施術をご提供させていただいているヘアサロンです。

髪にツヤを出したい、傷んだ髪をキレイにしたい、そういったお悩みを抱えていらっしゃるお客様にぴったりのヘアサロンです。
当店では、他店のようにツヤ出しのために様々な薬剤を使用したり、コテやアイロンを使わなくてもカットするだけでツヤを出すことができます。

また、クセ毛でお悩みの方もぜひご相談ください。
縮毛矯正をしなくても、クセ毛を活かした似合わせカットやだんだんクセ毛が気にならなくなるカットができる技術を持ったスタイリストが在籍しております。
お客様のお悩み・こだわり・ご要望に合わせて誠心誠意ご対応させていただきます。

ショートカットやボブなどお客様のお好みのヘアスタイルをお申し付けください。
パーマ、ストレートパーマをカットやカラーと合わせてご希望の方はメニューをご参照ください。

メンズの方もよくご利用頂いておりますので、表参道でメンズのヘアサロンをお探しの方もぜひご連絡ください。

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

Laforma【ラフォルマ】

【住所】
〒107-0062
東京都港区南青山6-6-20 ムーラ青山1A

【電話番号】
03-3400-8817

【営業時間】
11:00〜18:30

【定休日】
火曜日 不定休日あり

■■□―――――――――――――――――――□■■

TOP